SUPフィッシングをするときのオススメの竿を紹介します。

僕は、SUPフィッシングにはまっています。SUPフィッシングのいいところは、陸っぱりからはいけないところに、サッといけて、釣りを楽しめるところです。

みんなが釣れないところで釣りができるんで、釣果が全然違うんですよね。まじ最高!

で、SUPをやっている人って、釣りに興味がある人が多いと思うんですよ。僕の周りのサッパーも、「釣りやってみたい」という人、結構いますからね。

でも、釣りをそんなにやっていない人からすると、釣竿選びって結構難しいんですよ。竿の種類がありすぎて、どれを選んでいいのかわからないからです。

ということで、ここでは、SUPフィッシングをしたい人に、手軽に始めれる釣竿を紹介します。

SUPでオススメの竿

僕は、春から秋にかけてSUPフィッシングをしますが、使うロッド(竿)は一つです。

インターラインロッド。

これです。
インターラインというのは、竿の中に糸を通すタイプの竿です。

画像で説明しますと、
通常よく使われるのが、アウトガイドというタイプです。

竿に輪っかがついていて、そこに糸を通すタイプですね。

それに対して、インターライン。

輪っかがついていません。竿の中に糸を通します。

で、このインターラインが、めっちゃオススメです。

先ほど紹介したやつより、ランクを落とすなら、こちらのインターラインロッドがおすすめです。

インターラインロッドがオススメな理由

インターラインロッドのメリットは、ズバリ、糸が竿に絡まることがほとんどないということです。

アウトガイドモデルですと、糸が竿先に絡まって、それを取り外すのに一苦労、なんてことがあります。

もし、竿先に糸が絡まったとして、それをSUP上で、外すのってめちゃ大変じゃないですか。

SUPの限られたスペースで、絡まった糸を外す作業は、できればやりたくないですよね。

エギングロッドは他の釣りにも対応できる

他にも理由があって、上で紹介した竿は、エギングロッドというやつで、イカ釣り用の竿なのですが、このエギングロッドは、他の釣りでも問題なく使うことができます。

例えば、ルアーを使ってシーバスを狙うという場合も、もちろん大丈夫です。

僕は、ちなみにですが、キス釣りも、アジのサビキも、もちろんイカ釣りも、根魚釣りも、全部この1本でやっていますよ。

ちなみに、エギングロッドにも種類がたくさんあって、例えば、先ほどのDaiwaのエメラルダスにも、MLとかMとかあるんですけど、これは、竿先のやわらかさを示しています。

大きいのを狙うなら硬めと言われますが、僕のように、根魚やアジやシーバスなど、様々な中型魚をを狙うのなら柔らかい方がいい、という結論を出しました。

魚の感度を楽しめますからね。で、先ほど紹介したものそのシリーズで、柔らかいタイプの竿です。

まとめ

サップフィッシングのオススメの竿、というか、僕が使っている竿を紹介したわけですけども、

SUPで釣りを始めたい人には、オススメの一品となっています。

エギングロッドのインターラインで、なるべく余計なストレスを感じることなく、釣りを楽しむスタイルはどうでしょうか。

カサゴ、アジ

シーバス

キス

アジ