SUPボードを作ってくれ!クルージングを最高に楽しむ板の提案。

今年の夏は、SUPを楽しんでいます。
スタンドアップパドル(略してSUP)。

小3の娘も早くも慣れて、漕いでいる姿がサマになっている!

うちには、SUPボードが1台あるのですが、家族4人(妻、小6息子、小3娘)でSUPを楽しもうと思うと、あと1台はほしい。

SUPボードが2台あれば、1台に2人ずつのって、クルージングに出かけることもできます。

(子供が2人なら、3人乗りでも、まあ、なんとか。)

SUPで海中を見る時

僕のホームゲレンデである小浜湾は、岩場になっているところがたくさんあって、そういう場所には、魚がたくさん泳いでいます。

SUPに乗って、岩礁帯へ向かい、魚を観察するのが、SUPクルージングの楽しみの一つです。

僕と娘で1台のSUPボードに乗って、クルージングに出かけた時のこと、僕はあることに気がつきました。

僕と娘で、海中の見え方に違いがあるということです。

どういうことかというと、1台のSUPで二人で乗る時、漕ぐのは僕で、娘は前に座わることが多いです。

もちろん、二人とも立って乗ることもありますが、長時間、安定したクルージングをしようと思うと、このスタイルが多くなります。

で、海中の魚を見ようと思った時、立った人と座った人では、目線が違ってきます。

図で表すとこんな感じ。

立っている僕は、上から見下ろすことができますが、
座っている娘は、低い位置から海の中を見ることになります。

低い位置からだと、どんなに透明度が高い海だとしても、海の中は見にくいんですよ。

光の反射とかもありますからね。

現に、二人でクルージングしている時によくある会話は、

僕「あ!魚おったで!」
娘「どこどこー?」
僕「ほら、あそこ!」(パドルで指す)
娘 ジーと探す

このパターンです。
娘は、ジーと探すも、魚をなかなか見つけられないのです。

最初は、子供だから、探すのが苦手なんかな?と思っていたんですが、途中から低い位置からだと、海中が見えにくいんだと気がついたんです。

なぜなら、
娘は、しばらく魚を見つけることができないと、自ら立って、覗き込むように海中を見るからです。

試しに、僕も座って見てみましたが、やはり、海中は見にくい。立っている方が圧倒的に見えるんです。

浦富海岸でやるカヤック

ある朝、朝の情報番組(ZIP)を見ていたら、鳥取の観光(アクテビティ)の紹介をしていました。

その一部で、浦富海岸というところでやるシーカヤックが紹介されていました。

そこで見たカヤックは、なんと透明!

ツイッターから拝借。

これを見た時、僕は、
透明のSUPボードがあれば、いいやん!
と思いました。

子供と乗ってもボードを通して、海中が見えるようなそんなSUPボード!

クリアSUPボード

僕は、クリアSUPボードが売っていないか、ネットを探しました。

すると、インフレータブルで小窓がついているタイプがありました。

ラハイナ/LAHAINA
ってメーカーです。

でも僕が欲しいのは、全部透明のやつ!
(乗るところはクッションが付いていてもいいから、周りが透明のボード!)

透明のSUPボードは見つかりませんでしたが、

透明のサーフボードはあるやん!!

Jesus Board(ジーザスボード)

これがあるんなら、透明のSUPボードも作れるんじゃねーの?

ぜひどこか、作ってくれないかなぁ。即買いするのに。

日本唯一のブランド、
SAWARNA SATAND UP PADDLEさんとかどーすかね。