[SUPクルージングコース]小浜湾(小浜公園〜勢浜)を紹介します。

SUPを始めてから、時間があるときは、サッと近くの海に出ています。

メインは、SUPフィッシングです。
SUPボードに釣竿やクーラーボックスを取り付けて出港です。

SUPをする人たちは、自分がよく行く海のことをホームゲレンデと表現します。

僕のホームゲレンデは、小浜湾です。

ここでは、僕のホームゲレンデの小浜湾(小浜公園〜勢浜)を紹介します。

出港場所は小浜公園

出港場所は、ここ。

小浜公園

無料の駐車場があり、道を挟んで、すぐ海です。

この写真の黒の車は、僕の車なんですが、この車が止まっているのも無料駐車場ですし、その奥にあるところも無料駐車場です。

そして、ここは、ゴムボートや手漕ぎボートで釣りをする人たちもよく来ます。

小浜湾は、5月くらいから、キス釣りがアツくなります。基本的には砂地になっていますので、消波ブロックよりも海側で、キス釣りを楽しむボート、手漕ぎボートがちらほら。

小浜公園前の海から、勢浜まで

今回は、小浜公園前の海から、勢浜までのコースをリポートします。

グーグルマップで全長を確認しますと、こんな感じ。


片道3.5キロくらいかな?

では、出港します。

海に出て、左側に進みます。

青井崎

青井崎は、岩礁となっていますので、チヌや根魚などが狙える穴場スポットです。

めっちゃ魚おりそうな雰囲気!

陸からここにくる場合は、ロープをつたって降りてこないといけないため、簡単に青井崎での釣りができるわけではありません。そういう意味でも、穴場スポット。

真珠浜

青井崎から、ほんの少し進むと、左側に真珠浜と呼ばれる浜が見えてきます。

ここは、真珠浜、ニの浜、三の浜と、3つの浜があります。

google航空写真

ゴールデンウィークや夏休みになると、関西方面から、キャンプに来られる人も見られます。

波懸鼻

真珠浜を超えると、ここからは、陸からは来れない場所となります。

岩礁が続きます。

この写真の一番奥の岩が波懸鼻(なみかけはな)という場所になります。

この岩礁帯も、いろいろな魚が釣れそうな雰囲気ですw

調べると、チヌ、メバル、アイナメなどが釣れるようです。

真珠浜から波懸鼻の途中のところに小さなプライベートビーチがありました!

鳥も岩の上で休憩。

いい景色やなぁ。

砂浜のプライベートビーチ

波懸鼻を抜けると、今度は砂浜のプライベートビーチが出てきます。

google航空写真

ここは陸からも行けないことはないのですが、途中、草むらを抜けたり、ロープで斜面を降りないといけないので、大変です。
ここでのんびり過ごすのもいいですね!

勢浜

プライベートビートから、あと少し進むと、ゴール地点の勢浜です。

まとめ

小浜公園前から出港し、勢浜までのSUPコースは、いかがだったでしょうか。

途中の岩礁で釣りを楽しむのも良さそうです。

日本海は、荒波のイメージがあるかもしれませんが、夏場は非常に穏やかなので、SUPはもってこいです。

SUPライフを楽しみましょう。