プラム酒最強!プラム酒とは”すもも酒”のことだ。僕は作りました。

僕は以前に、すもものお酒がめちゃくちゃ美味しかった、というブログを書いたのですが、

すももの果実酒を作ろうと思った話

2016年11月22日

この時に飲んだ、すもものお酒は、販売されているものでして、
そのすもものお酒が「美味しい」を通り越して、
「感動する」くらいの勢いでしたので、

今度は、自分でも作ろうと決めていたわけです。

すももの旬の時期は、
6月から9月ということで、
その時期がきたら、すももを買って、果実酒を仕込もうと考えていたんですよね。

お酒にするのに適した”すもも”

2017年も6月に入る頃、そろそろ”すもも”の時期になったな、と僕は思っていました。

「自分の住む地域で、お酒にするのに、良い”すもも”が買えればいいんだけどなぁ。」

そんなことをぼんやりと考えていました。

「お酒にするのに良い”すもも”って、なんだよ!」
と思うかもしれませんが、

これは単純に、「熟しきっていないやつ」ってことです。
食べるには、まだちょっと早いかなって感じの果実の方が、
お酒にする時には、美味しくできます。

それは、果実酒にする場合は、酸味がある果実の方が美味しくできるからです。

熟す前の酸味の強い”すもも”が手にはいれば、
それはきっと最強のすもも酒がつくれるのではないかと思っていたのです。

売っている”すもも”は食べごろのもの

果実酒にできそうな”すもも”を探すためには、近くに”すもも農家”でもあれば、いいのですが、
周囲の人に聞いても、そんな農家は近くにはないということでした。

ということで、
アマゾンで、”すもも”を検索しました。

すると、
大石早生とか、ソルダムとか、ブランドものの高級な”すもも”が出てきました。

高いすももをお酒にするのは、ちょっと勿体無いよなぁ。。。

と多少、躊躇する気持ちがあり、
なかなかポチれませんでした。

んで、アマゾン以外もネットで探したのですが、
果実酒作り用の、すももは、見かけませんでした。

もちろん、スーパーでも、
売っている”すもも”も見かけましたが、
全部、綺麗な深い赤色の、まさに食べごろの”すもも”が並べられています。

やっぱり、お酒専用なんてないようなぁ。。。
と諦めていたんです。

なぜ、お酒専用にこんなにもこだわったかというと、
以前、梅酒を作った時は、
梅酒にするとおいしくできるという”梅”が販売されていたからです。

梅は、ネットでも販売されていましたので、
今回の”すもも”でも、そんな販売を期待したのですが、
そんなものは見つけられませんでした。

やっぱり、梅酒はメジャーで、すももはマイナーというのを思い知らされることとなるのです。

でも、味は、梅酒にも匹敵し、また、それを超えるくらいのポテンシャルを持っていることを僕は知っています。

そのため、なんとか、お酒作りに最適なすももを探そうと頑張ったのですが、、、
どれも、手に入れられるのは、食べごろの美味しい”すもも”なんですよね。

「まあ、食べごろのすももでも、お酒にして不味いわけではないし、いいか。」

と、僕は妥協したのでした。

嬉しい誤算により、すももゲット!

そんな妥協を決めてからは、アマゾンで”すもも”をポチって、すもも酒を作ろうと考えていたんです。

んで、いろいろと比べて、どれがいいかなぁと品定めをしていました。

そんな時、実家から電話がかかってきました。
(実家は、僕の自宅から3キロほど離れたところにある)

おかん「うちの畑で、すももが鈴なりになっているけど、欲しい?」

僕「え!!すももの木あったん!?!?

僕は驚きを隠せませんでした。
以前、あんなに、恋い焦がれたすももが、

すももの果実酒を作ろうと思った話

2016年11月22日

僕の実家の畑にあった!!!
そんなことがあるのか。
おい、こんなサプライズが、あるのか!

僕は、おかんに、
「めっちゃ欲しい!」
と張り切って答えましたw

おかん「どんだけ欲しいん?」

僕「取れたの全部!!!(でーん)」

おかん「ほな、持ってきな(あっさり)。」

ということで、実家から、もらえることになりました。んで、熟しているのは、食べて、熟しきっていないやつを、お酒にすることにしたんです。

本当に嬉しい誤算でした^^

すももを漬ける

すももを漬ける手順は、梅とほとんど同じです。

  1. 入れ物をお湯で煮沸消毒させる。
  2. 水洗いし表面をよく拭き、氷砂糖とともに漬け込みます。
  3. すももと氷砂糖を交互に瓶に入れていく。
  4. ホワイトリカーを注ぐ。
  5. 温度差の少ない涼しい冷暗所に保存。

ヘタを取ったりしない分、梅よりも簡単ですね!



(これは8リットルの瓶です)

実家の畑になったすももを次の日もたくさんもらったので、

結果、8リットル瓶が、4つもできました^^